投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

9月20日 日経平均は上げ幅縮小も反発。ドル円は長期金利を睨みながらの値動き。

今日の相場

ダウ平均

19日のダウ平均は+197.26ドルの31019.68ドルでした。

 

寄り付きは約100ドル安の30722ドル。

下値を探りに行き260ドル程下落。

その後は長期金利が多少下がった事もあり、反発。

+圏に顔を出しながら、前日終値30822ドルを挟みながらの値動き。

15時過ぎには売りも一巡したのか上げ幅を拡大。

殆ど最高値で大引けを迎えました。

ダウ平均5分足



やはりダウ平均は前週に1300ドルあまり下げており、下げが目立ったハイテク株を中心に買われた様です。

反対にディフェンシブのヘルスケア株の下げが目立ちました。

 

日経平均

今日の日経平均は+120.77円の27688.42円でした。

 

ダウ平均の上昇を見て安心感もあったのか、3連休明けながら約220円のギャップアップ。

その後も上昇し27902円、300円超まで上げ幅を拡大。

しかし、その後は上げ幅を急速に縮め、11時前には27600円台に落ち着き、そのまま揉み合ったまま大引けを迎えました。

日経平均5分足



中身を見ると、プライム市場の売買代金は2兆5千億と最近にしては多くもなく少なくもなく。

値上がり1293銘柄、値下がり477銘柄と強気の相場。

 

セクター別で見ると、医薬品の下げが大きく、電気機器が高い、どちらかと言うとリスクオンの1日でした。

日経平均セクター別寄与度 

日経平均採用銘柄の株価一覧 より引用



今日の株取引

保有銘柄

平均単価890円で[2931]ユーグレナを400株保有しています。

 

今日は−24(−2.62%)です。

連日の下げが止まらず今日も大幅安。

ユーグレナ日足



ついに殆ど買値まで戻ってきてしまいました。

チャート的にもここで反発してくれないと困るんですけど‥

原因は四季報って事はわかってるので、次の四季報が出るまでは我慢ですかね。

ユーグレナのホルダーには「四季報ショック」として記憶される事でしょう。

 

toushisuruhito.com

 

今日のFX

現在ドル円ロング、ユーロポンドショートをホールド中です。

日銀による口先介入によって上値が重い展開が続いていました。

 

今日の朝方には143円を割れる場面もありましたが、割れた所では買いがしっかり。

米長期金利が日本時間夕方の取引で上昇したことを受け、上げ幅を拡大。

19日高値の143.60付近まで上昇し、上値を探る展開が続いています。

ドル円15分足



指標前という事で、ドル円は上がっても144円。

小幅なレンジに終始すると予想しています。

 

ユーロは17時に7月経常収支が発表されました。

前回42億ユーロ、そして結果は−199億ユーロと大幅な赤字転落。

ユーロが一気に下げ幅を拡大する展開に。

ファンダ的には間違いなく「売り」、値頃感でユロポンをショートしてしまいました。

ユロポン15分足

一応「損小利大」なので良しとします。

現在のポジション

 

まとめ 

明日は重要指標のFOMCが控えています。

0.75%の利上げ織り込みは80%。

流石に1%の利上げは無いとの見方が大半。

となれば、注目されているのは利上げ幅よりパウエル議長の発言でしょう。

まさか「ハト派」な発言をする事はないでしょうから、どこまで「タカ派」なのか?ですね。

当たり前の様に0.75%と言っていますが、通常の3倍ですからね。

余りにも急速に利上げする事は景気後退を招く事になるので、パウエル議長の「ハンドル捌き」に期待ですね。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村