投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

8月30日 日経平均、自律反発狙いで全セクター上昇。やはり問題は「キープ力」

今日の相場

ダウ平均

29日のダウ平均は−184.41ドルの32098.99ドルでした。

 

寄り付きは100ドル程安い32188ドル。

揉み合いながらも下落基調は止まらずに11時には−311ドル、31972ドルまで下落。

その後は反発の流れに変わり、14時前には一瞬ですが、+圏へ浮上する場面も。

しかし勢いは続かずに、大引けに掛けては再び軟調な展開。

最後も売られて終わる、あまりチャートの形は良くない相場でした。

ダウ平均5分足



相場を下支えしたのは、やはり石油関連銘柄。

ロシア産のエネルギー供給不安を背景に原油需要が高止まりするとの見方や、主要産油国による減産観測から買いが優勢となり、取引時間中には、約1ヶ月ぶりの高値となる1バレル97ドル台を付けました。

 

反対にハイテク株比率の高い、ナスダックの下げがキツい相場。

高PER銘柄は売りを誘いやすく、1.0%安い12017と、こちらは約1ヶ月ぶりの安値を付けました。

 

日経平均

今日の日経平均は+316.62円の28195.58円でした。

 

ダウ平均の続落を眺めながらも日経先物は小幅にしっかり。

寄り付きから28000円を超える約200円高の28086円でスタート。

10時前までは軟調な展開で、27944円まで下落する場面もありました。

ちょうど押し目の様な形になり、買いが集中。

節目の28000円もあっさりと超え、28100円台で揉み合い相場。

後場寄りもしっかりとした値動きで、28200円台に乗せる場面も。

そのまま高値圏で大引けを迎えました。

日経平均5分足



中身を見ると、売買代金は2兆4500億円。

東証プライムの値上がり1542銘柄、値下がり243銘柄と、値上がりが8割を占める相場。

 

やはり、昨日大きく下げた事での自律反発狙いが上昇の要因。

[8035]東京エレク、[9984]SBGが昨日の借りを返す、上げの筆頭。

配当落ちの[9983]ユニクロも売られる場面もありましたが、日経と共に上昇して+寄与度8位。

日経平均寄与度ランキング 

日経平均 寄与度 ヒートマップより引用



反対に同じく配当落ちの[3382]7&Iが−寄与度1位。

配当利回りは低水準、小幅な下げなので、余り関係無いと思いますが、やはり逆光安は目立ってしまいますね。

 

今日の株取引

 

スイング

現在[9433]KDDIをスイング中。

昨日大きく下げて、リスクオフには内需。という事で安易な気持ちで4235円で買い。

余裕で含み損を抱えていましたが、今日は+90(+2.13%)と昨日の下げを補って余りある上昇。

KDDI5分足



最後に多少売られて、私も売ってしまおうかと考えたのですが、スケベ心全開で持ち越しました。

上がれば最高、下がれば微益で撤退しようと思っています。

 

保有銘柄

現在、平均単価871円で[2931]ユーグレナを300株保有しています。

昨日は下がりながらも大台の1000円で引けてくれていたのですが、恐れていた事が現実に‥

 

寄り付きこそ小幅にギャップアップしましたが、良かったのは一瞬だけ。

その後はすぐに1000を割り込み、日経の上昇にもついて行けず‥

終始−圏での値動きで、殆ど安値871円引けの弱気相場。

ユーグレナ5分足


昨日言っていた通りの逆光安。

 

良い方に考えれば、最近の上昇は勢いが凄かったので、もう一段上げる為の助走。

悪い方は‥‥考えたくありません。

 

今日のFX

現在ドル円ロングを2ポジション、ユロ円ショートを1ポジション保有しています。

現在のポジション



昨日保有していたポンオジショートは約40Pipsで利確。

約定履歴



今日の取引は散々な結果。

ポンオジショートを利確した利益が800円以上あったのですが、ポンオジ、ユロオジ、ポン円等色々触っているうちに、今日の損益は−600円以上に‥

つまり、今日だけで約1400円負けている事に‥

1000通貨で取引している私にとっては、とてつもなく大きな金額。

損切りした分を取り返そうとして、適当に売買し、更に損切りを繰り返すという最悪のトレードでした。

 

ユロ円ショートは、投機筋が円のショートからユーロのショートに切り替えたというニュースを見て、乗っかってみました。

要人発言は良くない事ばかり‥


ユーロ圏の懸念材料は山ほどあり、上値も重そうなので、取れたらラッキーくらいで行きます。

 

外貨ex

ニュースの豊富さは武器になります。

 

詳しくはこちらからどうぞ。

toushisuruhito.com

 

まとめ

 

気になったのは、ロシアのガスプロムがドイツ向けのパイプライン「ノルドストリーム1」を通じた欧州への供給を31日から止めるとの報道。

日経電子版より引用



またか‥という感じですが、ドイツにとっては死活問題。

これから季節は冬ですし、ガス供給が途絶えた場合、12月にはガス貯蔵率はゼロ。

最善シナリオでも貯蔵率は10%にまで下落するという衝撃的な内容。

 

ヨーロッパの冬は長いので、何かしらの手を打たなければ取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

やはり「持っている国」に「持たざる国」が制裁を科しても効果は限定的。

ロシアには中国という大国も付いていますし、これではどちらが制裁を受けているのかわからなくなってしまいます。

 

イギリスでも電気、ガス料金の大幅な値上げで、標準的な世帯のモデルケースで現在の1971ポンドから3549ポンドと80%高まる予測。

英調査会によると23年4月には月の光熱費が、約9万円という異常な水準になる恐れもあるそうです。

 

最近、前ほどニュースも見かけなくなりましたが、未だに戦争中。

さっさとロシアは自分の国に帰って大人しくしてほしいものです。

世界的なインフレもかなり落ちつく事は明白ですからね。

 

明日は28000円をキープ出来れば100点です。

toushisuruhito.com


応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村