投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

FX口座「外貨ex byGMO」が初心者にも、中、上級者のサブ口座としてもオススメな訳

始めに

私は2021年12月から趣味としてFXを始めました。

最初は何もわからずに、Google検索で[FX 初心者おすすめ]なんて検索して、適当にGMOクリック証券を使い始めました。

しかし、正直GMOクリック証券は、私の資金力、実力では合わないと感じ、色々なFX口座をチェックして「外貨ex byGMO」に出会いました。

 

今となっては、この口座一本で取引していますが、何故そこまで気に入ったのか、メリット、デメリットを紹介し、私が「外資ex byGMO」を選んだ訳を紹介します。

 

メリット

 

1000通貨から取引出来る

まず私の様に、初心者、低資金、趣味としてFXを始めるには1000通貨単位が大前提だと思います。

私は1番最初にGMOクリック証券を使っていたのですが、GMOは1万通貨単位なんですよね。

約100円単位で損益が上下するのは、私の様な低資金では心臓に悪すぎます。

まずは相場に慣れる事が大事で、慣れてからLotを増やしていけば良いと思います。

 

デモ取引が出来る

この機能はあって当たり前ですね。

正直デモトレードは実際のトレードの役に立つとは思いませんが、お金を入れる前に使い勝手を試す事は重要だと思います。

 

電話サポートが24時間(土日除く)

今の所、取引のトラブル等で電話した事は無いですが、24時間対応は助かりますね。

ブログを始める際に、画像をどこまで使っていいか?と電話しましたが、特に引用等入れる必要も無く、どの画像を使っても良いと神対応でした。

 

キャンペーン中

一応現在キャッシュバックキャンペーン中ですが、低Lotでは微々たる物なので気にする必要無しです。


資金が豊富にあり、Lotを張れる人はキャンペーン狙いでトレードもアリかも知れませんが、そこまでの価値は無いですね。

 

テクニカル指標がシブい品揃え

テクニカル指標がシブいです(褒めてます)

SMAやボリバン等、メジャー所はもちろん揃っています。

その中でも、スーパーボリンジャーやエンベロープ、Pivot等シブい物も揃ってるので、一味違うテクニカルを使いたい人には良いですね。

テクニカルとオシレーター


配信ニュース提携社数が5社

普段のトレードに非常に役立っているのが、この配信ニュース提携社数の多さ。

他のFX会社は多くても3社程で、情報量が段違いです。

もちろん為替だけでなく、日経平均やダウ平均のニュースも豊富に配信されます。

私はテクニカル分析よりファンダメンタルズ分析派なので非常に助かります。

正直、配信されたニュースだけを見て、トレードする事もかなりあります。

トレード用では無くても、ファンダメンタルズ分析用として口座を作る価値は大いにあると思います。

この様に数分間隔でニュースが更新されていきます。

みんなのオーダー

この機能もたまりませんね。

「外貨ex by GMO」を使用している人の、指値、逆指値の注文状況、売買比率、残ポジションがわかります。

NY時間クローズ後の発表ですが、必要十分です。

「ここにロングの指値が多いから、底堅いだろう」

逆に「ここを下抜けたら走るだろう」

「ここにショートポジションが多いから利確しておこう」と簡単にイメージが出来ます。

現在、クロス円、ユロオジ、ポンオジのみですが、これが全通貨ペアに対応したら、とんでも無い事だと思います。

先程も言いましたが、これを見る為だけに口座を作る価値はあると思っています。


 

 

 

 

 

デメリット

スプレッドが広がりやすい

よく聞くデメリットですが、確かにスプレッドに関しては、広がりやすいですね。

普段の時(東京時間〜)は全く気にならないレベルだと思いますが、重要指標の時や深夜から早朝にかけては広がりますね。

この画像から見てわかる様に、同じ時間の[外貨ex]と[GMOクリック証券]のドル円ですが、[GMOクリック証券]は0.2なのに対し、[外貨ex]は2.4とかなりの開きがあります。

同じ時間のスプレッド差


こちらの画像は大きく値段が動いている時の早朝のドル円。

ボラリティが大きい時のスプレッド差


[GMOクリック証券]は2.4で殆ど動かずですが、[外貨ex]は2.2〜4.0までの間を常に動いている感じでした。

つまり、深夜帯〜早朝(ニューヨーク時間)をメインにトレードする人。

ボラリティが大きくなった時にスキャルピングで細かく抜いていく人にはオススメ出来ません。

逆に私の様にポジションを取るのは東京時間〜夜まで。

トレードは低レバで1日以上保有するスイングトレード、をメインにしている人は気にしなくても良いと思います。

 

約定力が低い

ポジションを取る際、決済する際に注文した値段からズレる事があります。

こちらの画像を見ていただければわかりますが、私は134.700で売りの決済注文を出していました。

注文履歴


しかし、実際に約定されたのは134.690と1Pipsズレています。

約定履歴


特に指標も無く、普段通りの値動きで1Pipsですから、例えば、大きくボラリティリティが出ている時に決済されていたら5Pips程度のズレは出るでしょう。

私の様に低レバでスイングをする分には誤差の範囲でしょうけど、ハイレバでここまでズレてしまうと、数千円〜の損になってしまうかもしれません。

 

同通貨ペアではワンタッチが使えない

普段、新規でポジションを取る際には、チャート画面→ワンタッチで注文しています。

そして、私は含み益が出ている時によく両建てをします。

例えばドル円で、ロングのポジションを持っている時にショートポジションを新規で入れたい場合、左上のメニュー→新規注文→通貨ペア選択→ショート。という様な手順を踏まなければならず手間が掛かります。

両建てしたい時に、いつもの様にチャート画面→ワンタッチで逆ポジションを注文してしまい、元のポジションを決済してしまった事が何度もあります。

こんな事思ってるのは私だけかもしれませんが、ワンタッチと同じページに「両建てボタン」があったら便利だと思います。

 

まとめ

メリット、デメリット色々ありますが、それはどこのFX会社でも同じ事だと思います。

前述した通り、スキャルピングをやりたい人、テクニカル重視でトレードする人、ハイレバでトレードする人にはオススメ出来ないFX口座です。

 

しかし、ファンダメンタルズ重視の人、テクニカルの後押しとして他の人のポジションを確認したい人、低Lotでじっくりとポジションを保有する人には、かなりオススメ出来るFX口座です。

 

今現在、他のFX口座、証券口座を使っている人でも「外貨ex byGMO」のサブ口座を作ることはかなりのメリットになると信じています。

 

まずは公式サイトをチェックしてみる事をオススメします。

  



その他新たなキャンペーン等、追加事項があればその都度更新していきます。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村