投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

8月11日 CPIは予想を下回り株高、ドル安へ。しかしFRB高官は市場を牽制

今日の相場

ダウ平均

10日のダウ平均は+535.10ドルの33309.51ドルでした。

 

世界注目の米7月CPIが発表されました。

 

結果は

前年同月比8.5%(予想8.7%)     

前月比0.0%(予想0.2%)

コア指数

前年同月比5.9%(予想6.1%)

前月比0.3%(予想0.5%)

と、市場予想を下振れ。

 

FRBによる利上げペースの鈍化期待を手掛かりにダウ先物が急上昇。

そのままの強さで寄り付きから400ドル超のギャップアップ。

10年債利回りも急落し、ハイテク株が幅広く買われるなどして上げ幅を拡大。

一時は590ドル超の上げ幅を見せる場面もありました。

更に上値を追う展開にはなりませんでしたが、終始高値圏で推移したまま大引けを迎えました。

ダウ平均5分足



市場の声として「インフレのピークを確認するものだ」「FRBのタカ派的な政策のピークは過ぎ去った」と強気の発言。

 

しかし、FRB高官のタカ派発言は相変わらず。

「インフレがピークに達したと主張するには時期尚早」「我々はコアPCEインフレを注視している」と市場の楽観論を牽制。

 

CPIの中身を見ても、ガソリン価格の下落が大きな要因。

逆に住居費、新車価格が未だに高止まり。

特に住居費はCPIの32%を占め、一旦上昇すると下がりにくい傾向があるそうなので要警戒。

更に食品に限っては6月より強含み。

FRB高官のタカ派発言が止まらないのも納得です。

CPIの中身は楽観視出来ない



今日のFX

現在ノーポジ。

PCE間際の値動きでポジションを取るかもしれません。

 

昨日ホールドしていたドル円のロング2ポジションは損切り。

昨日、CPIが発表されたと同時に一気に円高へ。

ドル円15分足


15分足レベルで窓を開けて下落。

132円台まで下落し、その後も軟調に推移し、132.02円までありました。

下落した瞬間に損切りしたかったのですが、値動きが激しすぎて損切り出来ず‥

約1700円の損切りです。

約定履歴


低レバで良かった&直前の値動きでショートを1ポジション追加していたので、まだ助かりました。

 

まとめ

CPIが予想より下回ったお陰で株高ドル高へ。

しかし、大事な時に日本市場はお休み。

日本は上がるべき時にお休みしているのが多い気がします‥

更に今日はPCEの発表も控えています。

CPIの結果で上昇、PCEの結果で下落なんて止めて欲しい所ですが‥

 

しかし、やはりFRBはPCEを重要視しているんですね。

個人消費の物価動向を示す指標らしいのですが、次回の発表は8月26日。

後2週間以上あるので、まだ気は抜けない。という事を肝に銘じておきたいと思います。

 

PCEが良かった時の相場はこちらからどうぞ。

 

toushisuruhito.com

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村