投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

8月2日 「ペロシ・ショック」で、日米共に下落。米中関係に警戒感

今日の相場

ダウ平均

1日のダウ平均は−46.73ドルの32798.40ドルでした。

 

注目されていたISM製造業景況指数が発表され、結果は52.8(予想52.0)と米景気の底堅さを表す証拠に。

しかし、連騰後の週明けという事で、利確売りもかなり入ったようです。

後は何と言ってもペロシ下院議長の台湾訪問のニュース。

中国はペロシ氏が実際に訪台すれば軍事的な対応をすると警告。

ウクライナ問題に続いて、新たな地政学リスクが生まれようとしています。

 

相場の動きとしても、指標の好材料や地政学リスクが複雑に混じり合い、方向感が出ないまま大引けを迎えました。

ダウ平均5分足



日経平均

今日の日経平均は−398.62円の27594.73円でした。

 

米市場が3指数揃って下落した事で、まずは日本市場も利確の売りが出たのかギャップダウンスタート。

しかし、その後も押し目を作る事無く下がり続けて、前引け段階では約450円安の水準。

後場寄りからも、反転する兆しさえ見せずに大引けを迎えました。

日経平均5分足


後場の値幅はなんと85円。

日本との関係が非常に深いアメリカ、中国の地政学リスクがどれほど深刻な物かを表す値動きでした。

 

プライム市場を見ると約90%が下落する相場。

セクター別寄与度を見ると、小売業だけ上昇していますが、結局は[9983]ユニクロだけが上げた感じ。

日経平均セクター別寄与度



 

今日の株取引

保有銘柄

現在ユーグレナを200株だけ保有しています。

チャート的に非常に950円近辺は非常に大事な所でした。

何度も跳ね返されていた値段でしたが、日経平均とは完全に逆行高。

日経平均に釣られる事無く、堅調な値動きで970円を付け、年初来高値を更新しました。

その後も前引け段階の時点で960円台と底堅さを見せてくれましたが‥‥

後場寄りからは反転し軟調な展開へ。

ユーグレナ日足


やはり米中問題、年初来高値で殆どの人が含み益、という事で一旦利確しておこう。そんな流れで結局は−圏へ沈みました。

 

今日の引け後、ユーグレナがまたIRを出してくれました。

ユーグレナIR


これだけIRを出してくれると、株主としても毎日が楽しみになって、非常にいいですね。

これからもユーグレナを買い増ししつつ応援していきたいと思っています。

 

今日のFX

現在ユロオジショートを保有しています。

 

昨日保有していたドル円ロングは損切りしました。

ドル円約定履歴


ISMが予想より強く出た時はドル高になると思ったんですけど、地政学リスクには勝てず‥

結果的に今日の東京時間には130円台まで来ました。

ドル円4時間足


米中問題に動きがあったらドル円のポジションも持ちたいと思っています。

 

もう1ポジションのポンオジも殆ど建値で逃げました。

 

今日の13時30分、豪RBA政策金利発表がありました。

結果は3回合連続の0.5%の利上げ。

これで豪ドル高になる。と思っていたら急落。

ユロオジ15分足


何かあったのかと思い調べてみたら、RBAが声明を発表。

「金融情勢の正常化に向けて、更なるステップを踏むと予定しているが、あらかじめ設定された軌道上では無い」と、この発言が「ハト派」と受け止められた様です。

そこまでハト派か?と思ったのですが、市場が正しいので、そうなのでしょう。

って言う事で逆張りショートしました。

逆指値は入れたので、どうなるかですね。

現在のポジション



まとめ

今日の日経平均はまさかの下げ幅。

ダウ平均が小幅安だったので、日経平均も200円位かと思っていたのですが、まさか400円とは‥

巷ではすでに「ペロシ・ショック」と言われている様ですが、ペロシ氏本人はどう思っているのでしょうね。

嬉しくは無いと思いますが‥

中国は軍事的対応と言っていますが、流石に武力衝突は無いと思います。無いですよね?

遺憾砲の撃ち合いで終わると思っているのですが、その織り込みを今日終えた。と見るのが私です。

豪ドル安にも少し絡んでると見るのが普通ですよね?

 

明日には米ISM非製造業景況指数も控えていますし、ペロシ氏も余り波風立てずにあくまでも「外交努力」を続けてほしいですね。

 

この時の下げに比べれば‥‥こちらからどうぞ。

 

toushisuruhito.com

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村