投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

7月26日 日経平均は小幅に続落。経済成長率の見通しは下方修正

今日の相場

ダウ平均

25日のダウ平均は+90.75ドルの31,990.04ドルでした。

前日の引け味も悪く無かったこともあり、寄り付きは小幅にギャップアップ。

その後は上下に200ドル程しかない重要指標が控えているに相応しい1日。

午後からは一気に−圏へ下落し、最安値をつけましたが、しっかりと反発して+圏で大引け。

ダウ平均5分足


後述しますが原油先物が反発した事で、シェブロン等エネルギーセクターが久しぶりの値上がり率1位でした。

日経平均

今日の日経平均は−44.04円の27,655.21円でした。

寄り付きは殆ど変わらずのギャップダウン。

すぐに+圏へ一瞬頭を出しただけで、その後下落。

最安値の27,538円を付けた後は終日27,600円台での揉み合い相場でした。

日経平均5分足


やはり夏枯れ相場に加えて、重要指標前とあり、こちらも小幅な値動きと、2兆1千億台の少ない売買代金。

しかし中身を見ると、値上がり1064、値下がり682と値上がり銘柄の方が多い相場。

規模別株価指数は小型株のみ上昇。

小型株のみでは出来ても日経平均の下支えのみ。

やはり中型、大型銘柄が上がってくれないと、日経平均を+にする事は出来ない。という事がわかりました。

今日の株取引

保有銘柄

保有銘柄ポートフォリオ


保有銘柄で目立っていたのは、やはり[1605]インペックス。

原油先物の堅調な値動き、昨夜の米市場のエネルギーセクターの値上がりを下支えに、昨日の下げを取り戻す+46(3.29%)の値上がり。

インペックス5分足


この上げが続いてくれれば良いんですが、インペックスは平気で100円近く値下がりする事もありますからね‥

1,400円で底固めさえしてくれれば満足なんですが‥

昨日「超爆裂IR」を出してくれた[2931]ユーグレナも+15(1.68%)の値上がり。

ユーグレナ5分足


今日は小型株が強い相場だったとかは、全く関係ありません。

ユーグレナの実力で上がりました。

敢えて言うならば、今日の小型株の強さは、ユーグレナが引っ張った。とさえ思ってます。

思わせて下さい。

え・・


今日のFX

ドル円ロング、ユロオジショートをホールド中です。

ドル円は、株と同じで揉み合い相場の様相。

ドル円15分足


徐々に上がっている様な気もしますが、完全に指標待ちですね。

ユロオジは下落基調の1日。

ユロオジ15分足


ロシアの天然ガス供給量削減のニュースが流れた事で、ユーロ売りの流れが加速した様です。

このニュースにより原油先物は反発しましたが‥

ドイツ経済省報道官は、「ノルドストリーム1経由のガス供給量が減少する技術的な要因はない」と発言していますから、完全にエネルギーを戦争の道具として利用しているのがわかります。

ECBは利上げも発表してますし、エネルギー問題も重なれば、リセッションが間違い無く起こってしまいます。

エネルギーを人質に、制裁を弱めて欲しいのが見え見えですね。

やはり自国でエネルギーを生産できる国は「強い」です。

まとめ

政府の発表によると、ロシアによるウクライナ侵攻や中国のロックダウンによる海外経済の減速などを受け、今年度の経済成長率の見通しを3.2%から下方修正し、2.0%になりました。

今現在ドル円は136円台。

これ程までに円安が進み、あれ程「経済にとって+」と言い続けていたので、下方修正には驚きました。

そんな簡単な事では無い。というのはわかるのですが、もし今のドル円が115円付近にいたとしたら、−成長もあり得たのでしょうか?

だとしたならば、「円安は+」は間違って無いとわかるのですが‥

更に、国内で初の「サル痘」が確認されました。

先進国で死亡例は無く、せきやくしゃみによる飛沫感染は起きにくいらしいので、コロナよりはマシなんですかね?

恥ずかしい話、WHOが緊急事態宣言まで宣言している事を初めて知りました。

コロナの様に、感染が広がらない事を祈ります。

明日はFOMCもありますし、こちらも無事通過出来るように祈ってます。

 

前回のFOMC前の相場はこちらからどうぞ。

 

toushisuruhito.com

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村