投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

7月6日 景気後退を織り込む動きが本格化?ハイテク株は反転の兆し

今日の相場

ダウ平均

5日のダウ平均は−129.44ドルの30,967.82ドルでした。

ロシアの天然ガス供給懸念による欧州株の大幅安を受けて、ダウ先も連れ安。

ギャップダウンして始まった後も、売りに押されて一時は700ドル安まで下落。

しばらく安値圏で揉み合った後は、大引けに掛けて徐々に下げ幅を縮小。

殆ど始値まで戻して大引けを迎えました。

ダウ平均5分足


引け味として悪くないですね。

まずは景気後退懸念による原油安。

4月下旬以来、2ヶ月半振りの100ドル割れでの取引終了。

そして同じく景気後退懸念による国債買いで、米10年債利回りが2.81%まで低下。

6月15日以来の逆イールドも発生。

景気後退を織り込む動きが本格的になって来た様です。

良かった事と言えば、ハイテク株の反発ですね。

10年債利回りが低下した事で、今まで売られていたグロースに買いが入り、ナスダックは上昇しました。

日経平均

今日の日経平均は−315.82円の26,107.65円でした。

寄り付きから200円超のギャップダウン。

ダウ先物の+を睨みながら26,300円弱までは反発しましたが、反撃もそこまで‥

11時前には300円超の値下がり。

何とか26,000円をサポートにしている感じ。

その後も大引けまで底値圏で揉み合いながら終了。

日経平均5分足


こちらもナスダックの上昇を手掛かりに、マザーズ市場のみが続伸。

反対に、鉱業、石油関連が大幅安。

医薬品、食料品が高い典型的なリスクオフ相場‥と言いたいんですが、小売業が売られているんですよね。

日経平均セクター別寄与度


正直よくわかりませんが、日経平均も景気後退の織り込みが始まりそうです。

今日の株取引

保有銘柄

保有銘柄の[1605]インペックスが大幅安。

原油安、景気後退懸念の煽りを受けて−149(10.05%)。

売られる事は覚悟していましたが、ここまでとは‥

米市場のシェブロンは約2.5%の下げだったので、下がっても5%だと思っていたんですけどね。

[1712]ダイセキ環境、[2931]ユーグレナは逆行高。

ユーグレナは900円の底堅さを確認。

ダイセキ環境は大幅安した後は堅調な値動き。

ある意味「膿を出し切った」と言って良いのか‥

悪材料出尽くしで、これからじっくりと値固めしてくれる事を願います。

現在のポートフォリオ


今日のFX

ドル円ロング、ユロオジショートを保有中。

ドル円は流石の底堅さを維持しています。

米10年債利回りが低下しても、あまりドル円には反応しなくなって来ましたね。

まだまだ上値追いの展開になる事は知っています。

ユーロは昨日に続いて弱含み。

やはり、利上げが予想通りに進んで無い事が上値の重さにつながっている様です。

反対に豪ドルはユーロに比べれば底堅さを保っている感じ。

ユロオジ1時間足


RBAが予想通りに利上げを発表した時は、売りで反応しましたが、利上げしてる分ユーロよりは「まし」と言う事でしょう。

中国の経済指標も「しっかり」なのが良いんでしょうか?

原油安にどれだけ反応するかが問題ですね。

現在のポジション


まとめ

今日の日経平均は反落してしまいましたが、26,000円を割れなかった事の意味は大きいと思います。

前回高値から丁度半年ですし、今日の下落は私の中では織り込み済みでした。

明日からしっかり上昇と言いたい所なんですが、今日は指標が目白押しなんですよね‥

6月PMI、ISM非製造業景況指数、FOMC議事要旨と、油断出来ません。

今の所ダウ先物は小幅安。

指標の結果を見越しての売りか、指標前の手仕舞い売りかはわかりませんが、今日の指標で上昇の足掛かりを作って欲しい物です。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村