投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

6月16日 FOMCは無事通過したが‥先行きは暗い?

今日の相場

ダウ平均

15日のダウ平均は+303.70ドルの30,668.53ドルでした。

FOMCが場中に発表とあって、−圏で推移するかと思いきや、寄り付きからギャップアップスタートして堅調な値動き。

注目のFOMCですが‥

1994年以来の利上げ幅となる0.75%でした。

しかし、ここ1週間でフェドウォッチの織り込みが90%を超えていた事もあり、動揺は見られず。

FRBのインフレを抑える強気な姿勢も評価され、米市場は一度売られた後、鋭く上昇。

一時は600ドルを超える上げ幅になりましたが、31,000ドルで頭を抑えられ、上げ幅を縮小して大引け。

FOMCを通過したとは言え、まだインフレが実際に収まった訳では無いので、引け味としてはそこまで良い物ではありませんでした。

ダウ平均5分足


日経平均

今日の日経平均は+105.04円の26,431.20円でした。

FOMC通過後の米市場を見てからのスタートなので、ギャップアップスタート。

その後も上げ幅を広げて10時過ぎには600円超高、26,900円台まで行きましたが、良かったのはそこで終わり。

米市場と同じくインフレ懸念は根強く残り、徐々に上げ幅を縮小。

結局、節目の25,000円すら上回れずに大引けを迎えました。

日経平均5分足


売買代金もプライム市場で2兆6千億止まり。

つまり、積極的な買いが入ったと言うよりは、売り方の買い戻しが多く、市場心理はそれほど改善していない。と言う事。

まだまだ下値を探る展開になってもおかしく無いですね。

今日の株取引

デイトレ

デイトレは無し。

保有銘柄

保有銘柄は値上がり、値下がり半々と言った感じ。

特にマザーズ指数が他の市場に比べて弱かったので、[2438]アスカネットは見事な寄り天。

9時15分には−圏へ沈み、その後は一瞬(1円)+圏へ顔を出しただけで、売られ続けました。

結局大引けが殆ど最安値の960円で引けました。

アスカネット5分足


正直、信用でナンピンしようかと思ったんですが、終わってみればナンピンしなくて正解でした。

プライム銘柄の[1712]ダイセキ環境も寄り付きこそ良かったものの、結局は年初来安値で引けました。

先週から今週にかけての日経平均の下落局面では、謎の底堅さを見せていたのですが、上がるべき時に上がれない最悪の値動き。

6月30日に決算があるので、そこまでは握ろうと思っているのですが‥

完全にこの銘柄を買ったのは失敗でした。

そう思っているのなら、損切りするのが正解なのはわかっているのですが、決算で売られたのなら諦めがつきます。

保有銘柄ポートフォリオ


今日のFX

現在ユーロ/オージーをショートで保有しています。

昨夜ECBラガルド総裁の発言の予定があり、インフレや利上げに対して発言があるのでは?そんな見込みが広がりユーロが買われていましたが、蓋を開けてみればPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の再投資についての発言。

それに失望したのか?FOMCの影響なのか?はわかりませんが、なんやかんやでユーロが下落。

ユーロ/オージー4時間足


今の所200Pips程取れています。

今になって多少反発の動きを見せているのですが、1.5000を抜けたら利確しようと思ってます。

現在のポジション


まとめ

やっと終えたFOMC。

FOMCさえ通過すればアク抜けかと思っていたのですが、懸念材料だけはいくらでも出てきます。

今日の夕方、スイス中銀が予想外の0.5%の利上げ。

ほぼ全てのエコノミストが金利据え置きの予想、2007年以来の利上げと言う事も重なり、一気にリスクオフの市場に。

今現在、ダウ先物は500ドル超、日経先物は700円超の値下がりになっています。

為替も値動きがかなり激しいです。

ウクライナ問題の時でさえ、ここまでの下げがあったのか思い出せないレベルで下がっています。

俗に言う「暴落」と言われるレベルです。

明日はただでさえ週末なので、買いが入らない日です。

このタイミングで、この先物の下げはかなり恐ろしい事になりそうです‥

こんな気持ちだったのか‥


良い方向に考えれば、優良銘柄を安値で買えるチャンスです。

この暴落を活かせないと相場の世界では生き残っていけないと思うので、前向きに行きたいと思います。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村