投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

6月7日 日経平均小幅に続伸したが‥黒田総裁の庶民とのズレ浮き彫りに

今日の相場

ダウ平均

6日のダウ平均は+16.08ドルの32,915.78ドルでした。

寄り付きこそ高く始まり、一時は300ドルを超える上げ幅になる場面もありました。

しかし、最近高止まりしていた米長期金利が3%を超えると、一気に売りに押されて前日終値付近へ。

午後からも前日終値を挟んだ動きで揉み合い、結局は微幅+で引けました。

ダウ平均5分足


雇用統計の強さを見て、3%を超えてくる事などは、もう織り込んでいたと思ったんですが、まだ織り込んで無い人もたくさんいたようです。

日経平均

日経平均は+28.06円の27,943.95円でした。

ダウ平均と同じく寄り付きはしっかり。

一時は−圏へ沈みましたが、しっかりと反発し2ヶ月振りの28,000円台へ。

10時30分頃、一気に売り込まれ一瞬−に沈む場面もありましたが、何事も無かったかのように元の水準へ戻りました。

一体何があったのか‥

他のアジア市場を見た下げだったのか?謎です。

後場寄りも強く始まり、このまま行くと思いきや、14時過ぎから売りに押され、結局はダウ平均と同じ微幅+で大引けを迎えました。

日経平均5分足


目立っていたのは、最近動意付いていた、防衛関連銘柄ですね。

[7224]新明和工業、[6203]豊和工業、[7721]東京計器が揃って年初来高値を更新して来ました。

今日の株取引

デイトレ

今日のデイトレは[6619]Wスコープを触りました。

今日は全体的に方向感に乏しく、ノートレにしようと思ったんですが、我慢出来ずに最近値動きの激しいこの銘柄を触ってしまいました。

詳しく言う程ではありませんが、後場から2度空売りし、2度損切りしました。

結局−3,000円。

上がっている銘柄を見ると、どうしても悪い癖が出て空売りしてしまいます。

利確するタイミングは何度もありました。

逆張りするのは、もうどうしようも無いとして、逆張りなりの利益で逃げる事を覚えなくては安定して勝てませんね。

保有銘柄

やはり?[2931]ユーグレナがしっかりとした下げ幅。

昨日5%上げて、今日4%下げるというユーグレナらしい値動きを見せてくれました。

もう当たり前の値動き過ぎて空売りしようと思ったくらいです。

保有銘柄を空売りするのは気が引けるので止めましたが‥

昨日、ヘッジのつもりで[1459]楽天ベアを買いましたが、日経は上げてるのに、保有している全銘柄が下げるという、全くヘッジになっていない動きで笑っちゃいました。

保有銘柄ポートフォリオ


今日のFX

FXはポンド/オージーを売りでホールド中。

昨日追撃した分は、結局損切り。

そして今日の13時30分にRBA政策金利発表がありました。

前回も予想より高く出たので、今回も高く出ると思い、発表の前にもう一度追撃。

結果は、予想0.6%→結果0.85%と高く出ました。

その結果豪ドル買いが一気に進み、追撃した分を利確。

約定履歴


もう1つのポジションは相変わらずホールド中ですが、ここ数日のポンド高が中々止まってくれません。

原油も高止まり、中国の経済再開、オーストラリア経済の強さなどを考えると、売られる要素が無いのですが‥

もう少し上がったらまた追撃するつもりですが、1.7500まで戻ったら利確しようと思ってます。

現在のポジション


まとめ

今日ドル円が132円を付けました。

実に20年振りの円安水準だそうです。

6日の黒田総裁の講演で、円安容認を強調した事でドル買い、円売りが更に進行しました。

黒田総裁いわく「家計が値上げを受け入れている」「新型コロナウイルス禍による行動制限で蓄積した、(強制貯蓄)が影響している」だそうです。

ふざけてるのか?と思いました。

実質賃金が上がって無い中での物価高なんて−以外の何者でもありません。

しかも物価高と言っても、殆どは食料品とエネルギー価格です。

黒田総裁は貯蓄を切り崩しながらスーパーに行き、ガソリンを入れているのでしょうか?

しきりに円安は経済にとって+と、壊れたオモチャの様に言い続けてますが、円安にも程があるのがわからないんですかね?

輸出企業と言っても、結局輸入している部品等もあるのがわからないんですかね?

このまま円安が続けば、より国民の財布の紐が固くなるのがわからないんですかね?

間違いなく言えるのは、黒田総裁はドル円をロングしているという事だけです。

賃金が上がらないなら、貯金を使えばいいじゃない。 ロイター/アフロより拝借

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村