投資する人のブログ

しがないサラリーマンが趣味の範囲で株&FX。低資金、低レバで相場に立ち向かう戦いの記録

5月27日 米市場の続伸を受け、日経平均4日振りの反発も物足りず

今日の相場

ダウ平均

26日のダウ平均は+516.91ドルの32,637.19ドルでした。

日本時間の21時30分、米1〜3月期GDP改定値が発表され、結果は市場予想の−1.3%を上回る−1.5%と下方修正。

新規失業保険申請件数は予想を下回る21万件となりました。

強弱まちまちの結果でしたが、インフレの後退を期待したのか、米株市場はギャップアップスタート。

節目の32,500ドルを超えても堅調な値動き。

そのまま高値圏で大引けを迎えました。

ダウ平均5分足


取引開始前は売られていたエヌビディアも結局は5%高。

3指数上げて終わり、ダウ平均は5日続伸、ナスダックも続伸です。

日経平均

日経平均は+176.84円の26,781.68円でした。

米市場の大幅続伸を下支えに同じくギャップアップスタート。

寄り付き直後には27,000円手前まで上昇しましたが、次第に上げ幅を縮小し前引け前に26,700円台に。

後場寄りからも特に変わらず、26,700円台で揉み合ったまま大引けを迎えました。

日経平均5分足


4日振りの反発はしましたが、米市場の上げに比べると物足りない上げ幅。

米市場程、日本市場は下げてない。と言われればそれまでですが、材料不足の今、上がる時にはしっかり上げておかないと、尻すぼみの相場になってしまう様な気がします。

今日の株取引

デイトレ

今日のデイトレは久しぶりに[1459]楽天ベアを触りました。

この銘柄は前はよく触っていて、負けを積み重ねた銘柄なんですが、今日、最近の日経の動きを見たら触らずにはいられませんでした。

今日もあれだけ米市場が上げたのにも関わらず、27,000円を超えられないのを見て、相当の売りがあると見て、楽天ベアを1,611円で買いました。

順調に?予想通り?日経が下がり始めて、1,626円で利確。

楽天ベア5分足


本当はいつもの[4385]メルカリも見ていたんですが、貸株注意喚起銘柄?とよくわかない注意書きが出ていたので、怖くて触りませんでした。

保有銘柄

保有銘柄も寄り付き直後は最高の動き。

連日下げていた[1712]ダイセキ環境も今日は堅調な値動き。と言いたい所だったんですが‥

日経と共に売りに押されて結局−10円引け。

含み益はありますが[2931]ユーグレナも−10円,

[7203]トヨタも寄り付き直後は2,100円(30円以上)上げていたんですが、結局は+2円引け。

一時は−圏へ沈んだ事を考えれば、上出来の引け。と言えるのでしょうが、高値を見た後だとどうしても物足りなく感じてしまいますね。

トヨタ5分足


ユーグレナが引け後にニュースを出してきました。

株式会社はこ、を完全子会社化するらしいのですが、これは+材料なのか−材料なのか‥

月曜日が楽しみです(多分、殆ど影響は無いと思いますが‥)

保有銘柄ポートフォリオ


今日FX

現在ポンド/オージーを売りでホールド中です。

今日の10時30分、豪4月小売売上高(前月比)を発表。

結果は予想の0.9%と変わらずの0.9%。

発表直後は上下に振れましたが、豪経済の底堅さ、旺盛な個人消費に押されたのか下落を始め、4時間足レベルで200日線を再び割り込んできました。が‥

既に下髭を付けて200日線を回復してきました。

ポンド/オージー4時間足


何故ここまで、豪ドルに対してポンドが底堅いのか理解出来ませんが、何か理由があるのでしょう。

オーストラリアは中国との結びつきが強いので、中国経済の先行き不安ですかね?

含み益が出ている間は逃げるつもりはありませんが、最低でも1.7400まではホールドするつもりです。

現在のポジション


まとめ

日経平均の27,000円の売り圧力の強さはなんなんでしょうか?

直近で何回もこの値段で止められています。

しかし、この上げを繰り返して行けばきっと抜けるはずです。

27,000円を抜けた時には、底堅いサポートになってくれる事を信じてます。

それとも、もう一度25,000円程まで助走を付けないと抜けないのか‥ 

難しい展開になってきました。

指標としては今日21時30分に米4月個人消費が発表されます。

予想は前年同月比6.6%のところ、6.2%と少し弱め。

GDPの7割を占める個人消費支出は、FRBがインフレ指標として重要視してる様なので、特に注目されます。

弱めに出れば株市場にとって+?だと思いますし、最近の米指標は弱含みが続いているで今回も弱含み希望でお願いします。

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村